SIMPLISSE #5
肌トラブルを引き起こす“冬”を乗り切る方法
夏と冬どちらが乾燥しているかご存知ですか? 夏はエアコンなどの脱水による内からの乾燥が気にな
SIMPLISSE
SIMPLISSE コラム#5
肌の仕組みに寄り添うスキンケア SIMPLISSE/シンプリス

SIMPLISSE|肌トラブルを引き起こす“冬”を乗り切る方法
SIMPLISSE

肌の仕組みに寄り添うスキンケア SIMPLISSE/シンプリス

SIMPLISSE COLUMN シンプリス コラム

SIMPLISSE #5

肌トラブルを引き起こす“冬”を乗り切る方法

夏と冬どちらが乾燥しているかご存知ですか? 夏はエアコンなどの脱水による内からの乾燥が気になります。一方、空気自体が乾燥している冬は皮膚から水分を逃がして肌を砂漠状態にしてしまう厳しい季節。なので、正解は“冬”。今回は冬の乾燥が招く肌トラブルに打ち勝つ方法をご紹介します。

“冬”が老け顔を進行させる!?

老け顔の大要因は、乾燥によるシワやたるみが代表格。乾燥で枯渇状態になった肌はしぼんでシワやたるみになります。これは、真皮のヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンが減少し、肌が水分不足になり弾力が失われた結果。もちろん加齢も関係していますが、乾燥が拍車をかけることは周知の事実です。だからこそ冬は怖い! けれど、冬が恐ろしいのはそれだけではありません。加えて、冷たい空気にも注意したいところです。冷気は血行不良のもと。代謝機能が自然と低下し、肌のターンオーバーを阻害するのでくすみも引き起こします。シワやたるみに加えてくすみとくれば、老け顔まっしぐら…。何としても乾燥&冷気の冬を切り抜けなければ!

冬は毎日のスキンケアを見直す期間

気候のいい季節、体調のいい時期は肌も調子が良く、つい肌のことを怠りがちですが、過酷な冬は丁寧なスキンケアが肌に直結。だからトラブルが現れやすい冬はスキンケアを改めて見直すとても良い機会とも言えます。
まず見直したいのは「洗顔」。(コラム「SIMPLISSE #2」もご覧ください)冬は夏のように汗をかきにくい季節ですが、変わらず皮脂やほこり、汚染物質は肌に付着します。だから、冬もキレイに、そして優しく洗い流してあげることが大切。メイクや汚れを十分に落とす洗浄力かつ肌をこすらないテクスチャーを選んで(クレンジングクリームがおすすめ!)丁寧にとことん優しく行いましょう。

次の見直しポイントはスキンケアの要である「保湿」。よく誤解されがちなのが「保湿=水分を補給すること」。だから、保湿には化粧水と思いがちですが、これは間違い。本当は「保湿=肌に存在する水分を保つこと」です。では、どういうアイテムがベスト?
答えは、潤い成分でキメを整えて水分を止めておく成分を配合したもの。つまり美容液なのです。冬の乾燥を乗り切るためなら「ヒアルロン酸」「セラミド」など。エイジングケアを考えて抗酸化を行うなら「フラーレン」「ビタミンC誘導体」などが配合された美容液がベストです。成分が浸透しやすい、肌が湿った状態(洗顔や化粧水直後)で、指の腹でプッシュするように馴染ませると効果的です。

シワやたるみ、くすみなど肌トラブルを見つけた瞬間、つい集中的にケアを行ってしまいがちですが、肌は長〜い目でみたいもの。冬のスキンケアを見直して、正しいケアを続けることこそがエイジングケアの奥義なのかも。

SIMPLISSE_OFFICIAL

CONTACT

お電話でのご注文・お問い合わせ
TEL. 0120-370-063(通話料無料)
10:00-12:00 / 13:30-17:00 土日・祝日は休業

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム よりご連絡ください

MY CART

小計(割引適用前):
税込 ¥0

カートを見る

お支払いへ進む

定期便商品と通常商品は、同時にカートに入れることができません。
恐れ入りますが、それぞれ別でご注文をお願いいたします。


閉じる

合わせ買いの商品をご購入いただくには、
合計 0 円(税込み) 以上ご注文ください。


閉じる