商品名、キーワードで検索

HOME JOURNAL 寒暖差とともにゆらぐ肌 その日の肌に合わせたクレンジングで肌力をしっかり底上げ!

JOURNAL

BEAUTY

寒暖差とともにゆらぐ肌 その日の肌に合わせたクレンジングで肌力をしっかり底上げ!

2021.9.10

寒暖差の大きい季節になると、
肌のコンディションは
日によって良かったり、悪かったり、
肌のターンオーバーも乱れがち。
 
潤いをキープする力が弱まって、
しぼんだようにハリを失ったり、
ツヤがなくなりくすんで見えます。
 
こんな時、こだわりたいのはクレンジング。
他のどのスキンケアアイテムよりも
肌への影響が大きい重要アイテムです。
 
その上で、まず知ってほしいことは、
”肌のコンディションは毎日変わる”ということ。
 
生まれ持った“体質”は大きく変わらなくても
“体調”が日によって変わるのは、
誰しも実感があるでしょう。同じように、
“肌質”が頻繁に変わることはありませんが
“肌のコンディション”は毎日変化します。
 
体調が良いときにはアクティブに活動し、
体調が悪いときには休息をして回復を待つ。
誰もがごく自然に行なっていることですが、
肌に必要なのも、これと同じケア。
 
調子が優れないのに、
良いときと同じように過ごすのは逆効果。
いつも同じクレンジングを使っているとしたら、
ぜひ見直して欲しいポイントです。

冷える一日は血行が悪くなりやすく、
十分な栄養が届きにくいために
乾燥が進んで肌の調子は下降気味。
汗ばむ一日は皮脂や汗でベタついて
肌の炎症や吹き出物につながることも。
 
生理期間が終わって次の排卵日までは
女性ホルモンの助けもあって
肌のバリア機能が高まり、調子も上昇。
調子が良いからこそ、攻めのスキンケアで
肌の力をぐんと高めたい時です。
 
肌をつくる“モト”は食事だから、
口にする食べ物によっても
日々肌のコンディションは変わります。
 
私たちの肌は毎日変わっているから
その時その時の肌に、ケアを最適化することが
とても大切なポイントなのです。
 
肌が不安定な時のクレンジングは、
バリア機能を洗顔で失うことのないように
洗浄力がマイルドで極力やさしいものを。
肌が自ら潤い、回復する力を妨げないように。
 
肌の調子が良い時のクレンジングは、
毛穴汚れや不要な角質もしっかり落として
肌の代謝を高めるようなものを。

つまり、クレンジングは
・肌にやさしい“守り”のクレンジング
・肌力を底上げする“攻め”のクレンジング
この2種類を用意しておくのが正解!
 
毎日同じものを使うのではなく、
日々肌の調子に合わせて使い分けましょう。
 
 
2種類用意したクレンジングの
使い分けのポイントをお伝えします。
 
 
肌をやさしくいたわりたい
“守り”のクレンジングを使うのは?
 
・ヒリつき、乾燥が気になるとき
・吹き出物があるとき
・生理前〜生理2日目
・花粉の時期
・寝不足の日
・風邪気味のとき
・日焼け止めのみ使用した日
 
 
肌の調子を底上げしたい
“攻め”のクレンジングを使うのは?
 
・肌の調子が良いとき
・硬さやゴワツキを感じるとき
・毛穴の詰まりが気になるとき
・生理3日目以降
・しっかりメイクの日
 
 
日々変化する肌のコンディションを、
毎日のクレンジングの前に
よく観察してみてください。
その時の肌にあった洗顔を実践すると、
なりたい肌へと最短で導けるはず。
不調知らずの潤う肌で秋も軽やかに過ごしましょう!

シンプリス ジェントル クレンジング クリーム

VIEW DETAILS

<メイク落とし> 180g(約2ヶ月分)

シンプリス ディープ クレンジング ジェルクリーム

VIEW DETAILS

<メイク落とし> 180g(約2ヶ月分)

HOME JOURNAL 朝の洗顔は逆効果?!化粧水の拭き取りだけでOK クレンジングの新ルール