商品名、キーワードで検索

HOME JOURNAL 身体の機能がぐんと回復!正月太りを解消する1週間のファスティング。

JOURNAL

WELLNESS

身体の機能がぐんと回復!正月太りを解消する1週間のファスティング。

2022.1.6

自宅でゆっくり過ごしたお正月明け、
気になってくるのが
身体の重さと、お疲れ気味の胃腸。
普段とは違う食事の仕方など、食べ過ぎは身体へ大きな負担をかけます。
 
なんだか身体が重く感じる…
そんなときは身体をリセットするべく
「ファスティング(断食)」に
挑戦してみてはいかがでしょうか。
 
「ファスティング」は
普段フル稼働している胃腸をしっかり休めることで
滞っていた代謝機能を加速させ、
全身の機能をぐんと高める
究極のデトックス。
 
生命維持に使われる「基礎代謝」のうち、
消化で使うエネルギーを極限まで抑えて代謝や排泄に回すことで、
身体の機能をぐんぐん活性化させる。
これこそが「ファスティング」の目的です。

ただし「ファスティング(断食)」といっても、
何も摂取しないわけではありません。
 
固形物は口にしませんが、
その代わりに、糖質と栄養を摂取できる
専用ドリンクを飲んで、胃腸を休ませていきます。
 
基本は「①準備1日→②断食3日→③復食3日」の3ステップ。
 
①準備期 前日の食事は夜8時まで。
開始前日は消化の負担を軽くして準備を。
肉・揚げ物・スイーツなど
高脂質・高タンパクのものは避けて、
生野菜や発酵食品などを摂るのがおすすめ。
食事は夜8時までに済ませましょう。
 
②断食期 身体を省エネモードに。
固形物を摂取するのはNGですが、
糖質と栄養を同時に摂れる
「発酵飲料」を水や炭酸水で希釈して、
長い時間をかけてチビチビと飲み続けます。
水分は1時間にだいたい100ml程度
摂取するように心がけて。
 
③復食期 実は一番大事な期間。
ファスティング終了と同時に、
普通の食事に戻ってしまうのは禁物。
ここから3日間の「復食期」が一番大切です。
重湯(米粒のないトロトロのおかゆ)から始め、
徐々に固形物に慣れさせていきます。
その時「まごわやさしい」を意識し、
食材を選びましょう。
 
ま=豆類、納豆、味噌
ご=ごま、ナッツ
わ=わかめ、昆布
や=野菜、果物
さ=魚
し=しいたけ、キノコ類
い=いも

ファスティング中は
・食事を断つ
・胃腸を休める
・栄養を摂る
 
この3つの約束事を守らないといけないのですが、
それを可能にしてくれるのが、
「発酵飲料」を使った「ファスティング」。
 
「発酵飲料」とは
野菜や果物を酵素や酵母の力で発酵させたもので、
善玉菌や腸内細菌のエサになる栄養素を
豊富に含んだドリンク。
 
胃腸に負担をかけることなく、
消費のエネルギー源となる糖を
効率的に摂ることができます。
 
選ぶときは、人工甘味料や保存料など、
消化の邪魔となる添加物が入っていないか
原材料表示のラベルを
しっかりチェックしましょう。
 
キレイになるためのファスティングだからこそ、
身体が喜ぶドリンクを選んで、
心身ともにデトックスしましょう。

シンプリス フィトクレンズ ピュア 2本セット

VIEW DETAILS

<植物性発酵飲料> 500ml 2本
単品 税込8,640円

HOME JOURNAL 秋は痩せやすい季節!女性ホルモンの周期に合わせて効率よくダイエットを