商品名、キーワードで検索

HOME JOURNAL 美味しいものを我慢せずに食べたい!年末年始の太りにくい食事法

JOURNAL

WELLNESS

美味しいものを我慢せずに食べたい!年末年始の太りにくい食事法

2022.12.29

年末年始は美味しいご馳走に囲まれて
普段の生活と比べると食べすぎてしまう傾向に。
その結果、体調管理を怠って
気づけば体重オーバーなんてことも。
 
とはいえ、年末年始は
気にせず思う存分食べたいもの。
 
そこで今回は、美味しいものを楽しく食べるための
太りにくい食べ方のコツについて紹介します。
 
こんな食べ物には要注意! 同じ量でも太りやすい食事とは
 
年末年始に太りやすくなるのは
ご馳走に糖質や脂質がたっぷり含まれているから。
 
糖質や脂質は大事なエネルギー源なので
摂ることは決して悪いことではありません。
 
ただし、どれもあっという間に
1日の摂取量をオーバーしてしまうのです。
この時期の代表的な食事とカロリーを挙げてみましょう。
 
・ショートケーキ=344 kcal(1ピース)
・ポテトチップス=554 kcal(1袋)
・鶏の唐揚げ=117 kcal(2個)
・お汁粉= 240 kcal(50gお餅1個入り1杯)
 
そして体重50kgの女性が
これらのカロリーを消費するために必要な
運動の目安がこちらです。
 
・サイクリング=約2時間(340 kcal)
・テニス=約1時間(290 kcal)
・ジョギング=約30分(145 kcal)
 
このように、時間をかけた運動量でも
カロリーを消費させるのは
とても大変なことが分かると思います。

良質な素材や食べ方次第でお正月太りを解消
 
お正月太りの解消を
運動だけでカバーするのは
なかなか難しいもの。
そんな方でも手軽に取り入れられる
たった3つのダイエットルールがあります。
 
1.良質な糖や血糖値を上げにくいものを選ぶ
 
消化吸収された糖質が血液の中に送り込まれると
血糖値(血中の糖の濃度)が急激に上がります。
上がった血糖値を元に戻そうと体の調整が働くとき
インスリンというホルモンが分泌されます。
このとき、血糖がエネルギーへと変換されますが、
多すぎる分は同時に脂肪へと変換され、
カラダに溜め込まれていきます。
 
その結果、太りやすくなってしまうのです。
 
これらを防ぐためには
空腹時にいきなり甘いものを口にしないこと。
まずはナッツ、豆、小魚など血糖値の変動がしにくい
低糖質なものから少しずつ口にすると良いでしょう。
 
2.食物繊維を最初に摂るように心がける
 
「食事の最初は野菜から」とよく言われますが
これには理由があります。
 
管のようになっている腸の壁は
実は網戸のように網目になっています。
その隙間から、糖質や脂質が血中に引き込まれています。
 
糖質や脂質がこの網目に入っていかないようにと
邪魔をするのが食物繊維です。
 
糖質を多く含む食事の前に
食物繊維を摂ることで糖は思うように吸収されず、
血糖値の上昇もゆるやかになります。
 
3.良質な油を摂取する
 
ついつい摂り過ぎてしまいがちな脂質ですが、
食物からしか摂取できないオメガ3は
カラダの組織には欠かせない必須脂肪酸です。
 
普段使っているドレッシングを
アマニ油やエゴマ油に変えてみたり
肉を控えてオメガ3を豊富に含む
青魚を食べるよう心がけてみましょう。

こんな食べ方がオススメ!ホリデーシーズンの食事の正しい摂り方
 
太りやすい食材やカラダに良い食材を踏まえた上で、
食事方法を下記のようにしてみるのもおすすめです。
 
・おせちやお雑煮を食べる際、お餅など糖質の前に野菜を口にする
・ビールや日本酒など、糖質の高いアルコールは避ける
・ケーキなどの甘いものは決められた時間に。できれば1日1つ
・外食時にはサイドメニューを活用して低脂質・低糖質な食事を選ぶ
・食事はゆっくり時間をかけて。同時によく噛む習慣を
 
これらの法則を頭の中に入れて
意識しながら食事を楽しんでみましょう。
 
良質な食事とサプリの活用でお正月太りを解消!
 
年末年始の楽しい食事は、
賢い食事法をマスターすれば
太りすぎるような心配もありません。
 
それでもなかなか制限が難しいと感じたら
糖質・脂質にアプローチして
ダイエットをサポートしてくれる
サプリメントの力を借りてみるのも手です。
 
美味しく楽しみながら
素敵な年末年始をお過ごしください。

シンプリス パーフェクトダイエット セット

VIEW DETAILS

<サプリメント>
パーフェクトダイエット プラス+ 58.8g(30袋)
パーフェクト リポカット 63.8g (30袋

HOME JOURNAL 更年期を恐れないで!心身の「ゆらぎ」と上手に付き合う方法【前編】