商品名、キーワードで検索

HOME JOURNAL 口内炎やドライアイ 粘膜トラブルにはインナーケアで対策を!

JOURNAL

SENSUAL

口内炎やドライアイ 粘膜トラブルにはインナーケアで対策を!

2021.7.8

「疲れたときに口内炎ができやすい」
「ストレスが溜まると胃が荒れる」
 
誰しもそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?
 
口の中も、胃の内側も「粘膜」。
粘膜は、加齢でだんだん薄くなり乾きやすくなり、
そして疲れやストレスなど環境によっても
ダメージを受けやすいのです。
 
外敵の侵入から身体を守るためにも
粘膜をしっかりケアしたいものです。
 
ちなみに粘膜が存在するのは
口や胃のほか、目、鼻、耳、膣や肛門など。
 
肌と粘膜は一枚の皮で繋がっているので、
スキンケアをしているとき
”肌が乾燥しているな”と感じたら
粘膜だって同じように乾いています。

ただ、肌の悩みはしっかり対処できても、
粘膜のトラブルは何から始めてよいかわからず
放置している人も多いのではないでしょうか。
 
見て見ぬふりをしている間に、
思ったよりも深刻な悩みに繋がることも
珍しくありません。
例えば以下のような症状、心当たりはありませんか?
 
☑️ 口の乾きとニオイが気になる
☑️ ドライアイでコンタクトを入れるのが痛い
☑️ 疲れたときに口内炎ができやすい
☑️ 息が臭い気がして人と話せない
☑️ 肌のカサつき・痒みがおさまらない
☑️ デリケートゾーンが痒くなちがち
☑️ 膣が濡れにくく性交痛がある
 
これらはすべて「粘膜」の潤い不足から起こるSOSサイン。
 
しかし「粘膜」は身体の内側に存在しているため、
肌のようにスキンケアで潤いを与えることは難しい。
 
だからこそ水分補給や栄養バランスといった
「インナーケア」が前提となります。

食事で欠かせない基本の栄養素はビタミンA。
肉、レバー、乳製品、緑黄色野菜に多く含まれるので、
「粘膜」の乾きが気になる人は、食卓にも一工夫を。
 
<ビタミンAの多い食材>
・レバー ・うなぎ ・卵
・乳製品(牛乳、バター、チーズ)
・にんじん ・モロヘイヤ ・かぼちゃ
 
毎日の食事では補えない場合は、サプリメントを活用も効果的。
 
潤いの元となる「粘液」は血液からできているので、
血流を良くするためにも体を冷やさないこと、
そして水分をしっかり摂ることも心がけましょう。
 
たっぷりと分泌された粘液は、
粘膜を乾燥や刺激から守るのはもちろん、
自浄作用を持っているので菌の侵入を防いでくれる上、
嫌なニオイの発生を抑えてくれるなど
身体にとって嬉しいことがたくさん!
人生をよりポジティブに楽しむために、
「粘膜」のケアを意識的に取り入れながら、
内からも外からも潤う身体を手に入れましょう。

シンプリス センシュアル ネンマク ケア

VIEW DETAILS

<サプリメント> 44.6g (30袋)

HOME JOURNAL 「センシュアル フェミニン デュオセラム」発売記念 いまこそ知るべきフェミニンエリア A to Z 【後編:基本から最新のデリケートゾーンケア】