商品名、キーワードで検索

HOME JOURNAL

JOURNAL

WELLNESS

日焼け防止の鍵は目にあり?欧米人に比べ紫外線を浴びやすい日本人がとるべき対策とは

2021.4.15
日焼け防止の鍵は目にあり?欧米人に比べ紫外線を浴びやすい日本人がとるべき対策とは肌に炎症を起こさせたり、髪をパサつかせたり。様々な悪影響をもたらす紫外線。紫外線が強くなるにつれ、UVクリームやスプレーで意識的に対策をとっている人も多いと思いますが、意外と目に関しては、無防備になっていませんか?実は「目から浴びる紫外線」が「肌の日焼け」の一因となることが、明らかになっています。
日焼け防止の鍵は目にあり?欧米人に比べ紫外線を浴びやすい日本人がとるべき対策とは肌に炎症を起こさせたり、髪をパサつかせたり。様々な悪影響をもたらす紫外線。紫外線が強くなるにつれ、UVクリームやスプレーで意識的に対策をとっている人も多いと思いますが、意外と目に関しては、無防備になっていませんか?実は「目から浴びる紫外線」が「肌の日焼け」の一因となることが、明らかになっています。
続きを読む
WELLNESS

マスク肌荒れには「腸活」が効く?ゆらぎ肌を改善させる新ルーティン

2021.4.9
春の始まりは、肌のバリア機能が低下しやすい時期。とくに今年は「花粉」に加え「新型コロナウィルス」の影響もあり、日中マスクで過ごすのが大前提に。ただでさえ肌がゆらぎがちなのに、そこにマスクによる摩擦がプラスされ、肌がヒリヒリ、かゆみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
春の始まりは、肌のバリア機能が低下しやすい時期。とくに今年は「花粉」に加え「新型コロナウィルス」の影響もあり、日中マスクで過ごすのが大前提に。ただでさえ肌がゆらぎがちなのに、そこにマスクによる摩擦がプラスされ、肌がヒリヒリ、かゆみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
続きを読む
WELLNESS

疲れやすい3月、原因は寒暖差?健やかに乗り切るために

2021.3.12
寒暖差が激しい3月。日中は日差しがあると少し暖かくなってきたものの、朝晩はまだまだ冷える日も多いです。最高気温と最低気温の差が、10度以上にもなる日も珍しくありません。ほんの数日前と同じ服装で過ごしていると、冷えて体調を崩しやすい時期です。
寒暖差が激しい3月。日中は日差しがあると少し暖かくなってきたものの、朝晩はまだまだ冷える日も多いです。最高気温と最低気温の差が、10度以上にもなる日も珍しくありません。ほんの数日前と同じ服装で過ごしていると、冷えて体調を崩しやすい時期です。
続きを読む
WELLNESS

腸と免疫力を鍛えることで、つらい花粉症から卒業できる?!実践したい3つの対策

2021.2.25
なんだか目が痒くて鼻もムズムズ。くしゃみも止まらないし、肌も荒れがち…。 早い人だと1月あたりからこんな症状に悩まされているのではないでしょうか。そう、つらい「花粉」の時期の到来です。生活環境や食生活の変化にともない、現代では日本人の2人に1人が花粉症の可能性があると言われています。
なんだか目が痒くて鼻もムズムズ。くしゃみも止まらないし、肌も荒れがち…。 早い人だと1月あたりからこんな症状に悩まされているのではないでしょうか。そう、つらい「花粉」の時期の到来です。生活環境や食生活の変化にともない、現代では日本人の2人に1人が花粉症の可能性があると言われています。
続きを読む
WELLNESS

カラカラに乾いた空気と共に免疫の砦「粘膜」が乾いてない?花粉にも風邪にも粘膜対策を!

2021.2.18
一年の中で最も湿度が低い2月。毎日空気がカラカラに乾いています。呼吸をするたび、鼻には乾いた空気が入り込み、鼻粘膜も乾燥してバリア機能が低下中。 鼻粘膜のバリア機能は、免疫の砦。 ウイルスや細菌、花粉など、体内に有害なものをフィルターにかけ、空気をきれいに整えて体内に取り入れる、空気清浄機のような働きを持っています。
一年の中で最も湿度が低い2月。毎日空気がカラカラに乾いています。呼吸をするたび、鼻には乾いた空気が入り込み、鼻粘膜も乾燥してバリア機能が低下中。 鼻粘膜のバリア機能は、免疫の砦。 ウイルスや細菌、花粉など、体内に有害なものをフィルターにかけ、空気をきれいに整えて体内に取り入れる、空気清浄機のような働きを持っています。
続きを読む
WELLNESS

現代女性の間で密かに増加! 原因が見当たらないその不調、「新型栄養失調」が原因かも?

2021.1.28
毎日しっかり食べているのに、疲れやすい、めまいがする、体調がすぐれない……。 こんな経験はありませんか?もしかするとその原因、「新型栄養失調」かもしれません。
毎日しっかり食べているのに、疲れやすい、めまいがする、体調がすぐれない……。 こんな経験はありませんか?もしかするとその原因、「新型栄養失調」かもしれません。
続きを読む
HOME JOURNAL